がんの特徴-がん種別研究データ

がんの特徴
イメージ図
無料ダウンロード

フコイダン療法がん種別研究データ
メールアドレス※携帯メール不可

個人情報の取扱いについて
※ご入力頂いたメールアドレスに研究データ集をお送りします。

がん種別研究データ集は吉田医院・古賀クリニックでの臨床データをもとに各医院の臨床協力企業の情報提供のもと作成されました。 がんに対してのフコイダン療法の取り組み方や、臨床例などが含まれており、がん治療の後悔なき選択としてご参考いただけると思います。

解説

がんの特徴

がん(癌)とは、自律性増殖を繰り返しながら成長し、周囲の臓器を圧迫して害を及ぼしたり、正常細胞や隣接する臓器に浸潤したり転移したり、 他の正常組織が摂取しようとする栄養をどんどん吸収しながら、次々と新しいがん組織をつくる悪性の腫瘍です。
良性の場合は、自律性増殖はしますが、転移・浸潤はしません。

基本的には、すべての臓器と組織にがんは発生します。
ひらがなの「がん」は主に悪性腫瘍全体を示すときに用いられ、上皮性腫瘍の場合には漢字で「癌」と表現されることが多いようです。
がんが発症する人は年々増え続け、現在では日本人の死亡原因の第一位となっていますが、がんは早期発見をすれば完治できる病気です。

がんの症状

初期のがんには、自覚症状はほとんどありません。

進行した胃がんでは、「腹痛・胸やけ・吐き気・嘔吐・もたれ・食欲不振」などがあらわれ、更に進むと全身が衰弱して腹水がたまったり、吐血や 下血もおこります。他の臓器に移転すれば、低タンパク血症や脱水症状があらわれ、臓器に障害がおこります。

進行した大腸がんでもっとも多い症状は血便です。「便が細くなる・下痢・便秘・腹痛・貧血症状」といったものもあります。

肺がんでは、肺門がんの場合は早期から頑固なせきが出ます。肺野がんは転移・進行すると、激しく咳や血痰が出たり、声がかすれたりします。

食道がんが進行すると、食べ物を飲み込むときにしみたり、痛みを感じたりします。さらに進行すると、「痛みや・せき・血たん・声のかすれ」なども起こります。

肝臓がんが進行すると、「腹部や背中の痛み・食欲不振・貧血・微熱」などの症状が起こります。がんが進行すると肝臓の働きも悪くなるので、黄疸や腹水などの症状も現れます。また、吐血したり血便が出ることもあります。

すい臓がんは進行しても特有の症状はなく、「腹痛・背中の痛み・食欲不振・体重減少」などその他の病気やがんと同じような症状が出ます。

膵頭部にできたがんが大きくなって胆管を圧迫すると、胆汁の流れが悪くなり黄疸が出ることもあります。

※その他のがんの症状については、各がんのページ(またはダウンロード)にてご確認ください。

がんの浸潤

がん細胞は正常な細胞よりも生活力が旺盛で、大量の栄養と酸素を消費します。そのため血液で運んできた栄養や酸素を横取りして、 周囲の正常細胞を弱らせ、破壊させてしまいます。最初は粘膜にとどまっているのですが、大きく育つにつれて正常粘膜を弱らせ、 粘膜の下の組織をおかし、さらに筋肉の層まで入り込んで正常組織を破壊しながら病巣を拡大していきます。これを浸潤といいます。

がんが発生したところの組織層を越えて拡がり、周囲の健康な組織や臓器まで侵入しているがんを、浸潤(しんじゅん)がんといいます。

がんの転移

がんは周囲の組織を圧迫し弱らせて浸潤するだけでなく、血液やリンパ液の流れにのって、いろいろな臓器に飛び火し、そこでもまた増殖を始めます。
がんが発育すると、がん細胞の一部がはがれ、血液を介し(血行性)、あるいはリンパ管を介して(リンパ行性)全身に運ばれ、そこでまた増殖を始めます。
これががんの転移です。
がん細胞が胃壁や肺の胸膜を突き抜けて、腹腔や胸腔、臓器のすきまなどに種をばらまくように散らばり(播種)、がん性腹膜炎やがん性胸膜炎をおこしたりします。

がん細胞が出す代謝産物(サイトカイン)のなかには種々のがん毒素が含まれ、臓器や神経を傷めることもあります。この状態をがん悪液質といい、 がんの末期に現われます。

がんの環境要因

がんの罹患率、死亡率は年々増え続け、罹りやすいがんの種類もここ数年で大きく変化しています。その原因には、食事やライフスタイル、 身体活動や生活環境、職業および環境汚染、医療の進歩などがあげられます。また、人口の高齢化も関係があると思われます。

がんの直接的原因としては食品や喫煙問題がもっとも重要で、塩辛いもの、高脂肪質、アルコール類なども問題になります。
肝がんではB型肝炎、C型肝炎のウイルスが重要です。また、がんにかかりやすい体質の遺伝が注目されていますが、大腸がんは他のがんよりもその傾向が 強いようです。その他では、肥満と運動、大気汚染、紫外線、食品添加物、感染、ホルモンバランス、副作用、放射線などがあります。

がんを予防するには、悪いと言われる原因はなるべく避け、反対に生野菜、果物、食物繊維に富む食品、牛乳など、発がん物質の生成を抑制するといわれる 食品を多く摂取し、バランスの取れた規則正しい生活を続けましょう。また、定期的にがん検診を受け、早期にがんを見つけ治療することがもっとも重要です。

発がんやがん予防の情報はたくさんありますが、正確な知識を持って情報に接することが大切です。

無料電話相談について フコイダン療法とは?

代替医療(統合医療)について

あくまでも西洋医学を柱として治療を進めていくことが一番望ましいことです。そうはいっても西洋医学ではどうしても乗り越えられない限界にぶち当たる事もあるかもしれません。そんな時は治療をあきらめるのではなく、可能性を見出していく力が大切です。

「フコイダン」は研究に基づいています

良いと言われるものでも科学的な研究によってその作用機能が解明されなければ、広く利用されるようになりません。九州大学ではパワーフコイダンを多くの方に役立ててもらえるよう研究が進められています。

個人情報の取扱いについて
お名前※
カナ
郵便番号※
ご住所※
電話番号※
メールアドレス※
メール送信プログラム:DIC-Studio

がんと向き合う後悔なき選択

吉田医院院長 吉田年宏 著作
「がんと向き合う後悔なき選択」