発がん要因

老化による遺伝子の変化、加齢に伴うホルモンバランスの変化、生活環境(ストレス)や環境因子(発がん物質)の蓄積、免疫低下による感染症などによって、がんが発生すると考えられています。   しかし、喫煙、飲酒、食生活など、毎日の生活を見直すことで、がん要因は大幅に減少します。また肥満は、閉経後乳がん、子宮体がん、大腸がん、食道がん、胆嚢がん、腎がん、膵臓がん、甲状腺がんなど、多くのがん種のリスク増大に関係していますので、注意が必要です。

がん治療ネット http://gannavi.net/

コメントは受け付けていません。