がん医療

がん難民をなくすため、さまざまな取り組みが国をあげて行われていますが、何より求められるのは円滑で透明な連携ではないでしょうか。
治療とはその結果を育むものであり、地域を包括する医療福祉の実現のためには、
技術だけではなく、精神を磨くことも不可欠です。
良質な医療を提供するには、患者さんの人格・気持ち・社会的立場・経済的状況・他、
様々な要素を考慮しながら治療にあたる情熱と医学的知識と技術が大切です。
その一方で、患者の意識改革も必要だと思います。
決して病院任せにしないこと、情報を集めること、生きたいという気持ちを強くもつこと。
そのような患者さんの気持ちを引き出すためにも、医療従事者が高いモチベーションを
保つための人格形成や快適な環境の提供が病院側や国に対して強く望まれます。