がん患者とのコミュニケーションを考える

がんを告知された患者さんのご家族の方が、どのように接したら良いか分からない・・・と悩まれることがあります。がん患者になったことのないものにとっては、分からないこともありますから、できるだけ分かろうとする姿勢と、理解できていないことを自覚しながらも関わっていこうとする誠実さ、人間力が必要だと思います。

上手く話せなくてもかまいません。普通の人と人との言葉のキャッチボールをするだけで十分に伝わるものです。がん患者は自責感や喪失感を感じることも多いので、希望を持って、当たり前の生活をおくることが肝心なのです。また、「がんは治る病気の一つ」「がんになったのは誰のせいでもない」という事実を知ることで、不安や恐怖からも解放され、治療に集中できるようになります。

家族がありのままで良い状態でいることも、患者の一番の支えになります。がん患者は、病気ですから体調不良・不眠・食欲不振・情緒不安定があるのは当たり前なので、敏感になり過ぎず、家族も自分の生活を大切にしましょう。

がん治療ネット http://gannavi.net/