食事でがん予防

近年の日本では、食生活の変化によってがんの発生も変化しています。 これは、がんの発生に食生活が密接にかかわっていることを間接的に示しています。 要するに食事である程度のがんは予防出来るということです。

大豆は、前立腺がんや乳がんの予防に効果的といわれるファイトケミカルの一種、イソフラボンを含む優れた食品ですので、積極的に摂りましょう。                        味噌汁、豆乳、納豆、大豆のサラダや煮物など、毎日おいしく食べられる工夫をすると良いですね。

野菜と果物もがんの抑制に大きな効果が期待できます。緑黄色野菜やにんにく、キャベツ、トマト、レモン、玉ねぎなども良いとされています。

赤ワイン、ビール、梅酒などのアルコールにも、がん予防効果があるとはいわれていますが、過度の飲酒はがんのリスクを確実に高めますので、控えめにしましょう。             脂っこい食事やこげたものも極力控えましょう。

フコイダン療法  http://gannavi.net/