フコイダンのちから

2011年現在、抗腫瘍・抗がん作用以外にも抗ピロリ菌・抗アレルギー・抗炎症・抗生活習慣病・抗糖尿病・抗動脈硬化・抗糖尿病・抗ウィルス・抗菌・抗酸化・美肌作用などなど etcetera…     さまざまな作用が知られているフコイダン。

これまで世界中で研究がなされ、現在もあらゆる可能性において注目・開発されています。

フコイダンとは、モズク・メカブ・昆布などの海草褐藻類のヌルヌル成分に含まれる粘質多糖類のひとつですが、海藻によりそのフコイダンの効果効能は違うといわれています。                    それぞれに特徴がありますが、含有量やその他の栄養成分から見ると、モズクが断トツです。

研究が進められるにつれ「創薬」も視野に入ってきたようです。

がん治療においては特に期待が高まります。

 

がん治療ネット http://gannavi.net/

 

セカンドオピニオン-second opinion

よりよい決断をするためのセカンドオピニオン。

しかし医療の現場では、担当医の説明不足を補うことに使われていたり、セカンドオピニオンによって担当医との信頼関係が築けなかったり、崩れてしまったりということもしばしば。

〇担当医の説明を十分に受けているか                                 〇担当医の説明を十分に理解しているか

セカンドオピニオンを依頼する前に、まずはこの2点を思い返してみてください。

自分にとって「ベストの治療」を、「納得して受ける」ことは、『主治医との信頼関係』の中で『安心』して『前向き』に治療に専念できるということです。

特にがん治療においては、医師によるインフォームド・コンセント(説明と同意)が不足しがちのため、セカンドオピニオンを正しく活用して、一番良い選択をしたいものです。

※がん治療、フコイダンに関するご相談はこちらから→  http://gannavi.net

もしも「がん」だったら

いきなり嫌なタイトルですが、皆さんご存知の通り「がん」はもう他人事ではありません。

医療は進化していますが、「がん」はまだ治療が難しい病気です。                                             そのため、誰しも受けたくない「がんの告知」はステージに拘わらず大変つらいものです。

しかし良い治療を行うためには、自分の(がんの)状態をよく知り、向き合う必要があります。   それには、検査結果と治療法を正しく理解することが、大切な第一歩です。

◇何というがんで、どこにあって、どれくらい広がっているか。                                                        ◇どの治療が最適で、その理由は何であるか。                                                                                ◇今まで通りの生活は可能か、気を付けつけることはないか。                                                      ◇仕事や家庭のことでの不安を伝える。

以上のことをきちんと聞いてメモをとりましょう。                                                                                  遠慮したり億劫がらずに主治医と対話を重ね、信頼関係を築きましょう。

また、知人・ネット・本などから情報を集めたり、セカンドオピニオンを受けることも貴重です。

フコイダン療法にご興味のある方は下記URLよりご覧下さい。 http://gannavi.net

お電話でのお問い合わせは 0120-388-561 癌と代替医療を考える会まで